プレスリリース / 報道資料 

2022 年 05 月 17 日
Tangerine 株式会社
代表取締役 平井清人

【世界初】Tangerineの「Store360 Insight」が
自動ドアセンサーのデータを活用した
来店・購買分析サービスの提供を開始しました

~OPTEXのOMNICITY®との連携で実現~

 

リアル店舗での来店施策及び来店・購買分析サービス「Store360」の提供を通し、小売店・飲食店の販促業務の改善をDXの力で解決するTangerine株式会社(東京都港区 代表取締役:平井 清人、以下「当社」)は、オプテックス株式会社(本社:滋賀県大津市、代表取締役社長:上村 透、以下「オプテックス」)のビーコン内蔵自動ドアセンサーによる情報取得・配信プラットフォーム「OMNICITY」の取得データを活用し、世界初※の来店・購買分析サービスの提供を開始いたしましたことをお知らせいたします。

 

店舗における人流分析ソリューションでは、AIカメラなど高価な機器設置が必要でした。Store360 InsightはOMNICITYが取得する人流データを取り込むことで、来店数・来店率・購買率などの販売促進業務における重要な指標データと、実施施策の関連性をリアルタイムで分析。店舗の販促業務を効果的かつローコストで支援することができるようになりました。

※自動ドアセンサーの検出情報とビーコンの発信機能を、リアルタイムの来店分析に活用する手法が世界初。先行技術調査に基づく。オプテックス調べ

 

 

またOMNICITYの情報配信機能を使用することで、来店顧客に応じたクーポンや広告を提供するなど、分析結果に基づいた改善施策を迅速に実施することができます。当社は自動ドアセンサーの国内55%(約200万箇所)、海外30%のマーケットシェアを誇るオプテックスとの協業を通して、小売・飲食店・商業施設等へサービスの導入を進めると同時に、北米・欧州・アジアなどのグローバル市場へも同様の協業スキームで展開を進めて参ります。

 

なお、本ソリューションは2022年5月9日〜12日に米国ラスベガスで開催されたアナリティクスおよびBIプラットフォームのThoughtSpot社が主催するカンファレンス「Beyond 2022」にて、「Transforming Legacy Retailers to Data Driven Organization」と題しTangerineの平井代表取締役が講演したセッションにて紹介されました。

 


・Store360 Insightとは

Store360 Insightは、店舗で取得される店頭流量・来店数・滞留時間などのオフラインデータを購買・会員等のマスターデータと統合し、AI自動分析機能により分析時間ゼロでよりよい店舗改善・顧客サービス設計に活かすことのできるデータ分析基盤です。

 

<STORE360 Insightの主な機能・特徴>

 

① 店舗の来店状況・売場の滞留状況を 360 度可視化

Store360 Insight とはリアル店舗の起きている課題を見える化するオフライン行動分析プラットフォームサービスです。店舗の店外通行客数の把握から入店されるお客様の人数をカウントする事で今まで見えなかった入店率を把握する事ができます。 これにより、店舗のマグネット効果を数値化する事が可能になります。 今まで入店率は定性的な判断でしか分析できなかった課題がありましたが、「Store360 Insight」の導入により定量的に判断する事が可能になり新しい店舗の分析指標として活用する事が出来るようになります。 また、売場単位での滞留数も可能で、売場毎のパフォーマンス分析が実現できます。

 

アプリ施策との連携

ビーコンを活用したアプリの来店施策との連動も可能となり、今まで可視化できなかった店舗来店者中のアプリユーザー来店者数の可視化が可能になり、アプリユーザーの来店増加促進の分析に必要不可欠な機能を提供しています。

 

③ 低コストで導入運営可能

AI カメラを中心としたこれまでの店舗可視化ソリューションでは高額な初期導入・運営コストが課題となっていましたが、Store360 Insight は店舗あたり月額 1 万円前後のコストで導入可能となり、全店舗を横断したデータ分析をリーズナブルなコストでご利用いただけます。

 


・OMNICITYとは

■OMNICITYについて

OMNICITYはオプテックスが2021年に発表した施設や店舗のエントランスを情報発信メディアとして活⽤できるプラットフォームです。ビーコン機能を搭載した⾃動ドアセンサーが通行者のスマートフォンと通信し、広告やクーポン発行などのプロモーションの実施、ホテルや病院などの自動チェックインなど業態に応じたDXをサポートいたします。

また自動ドアセンサーの検出状況から人流データも取得可能で、来店者分析などのマーケティングに活用いただけます。

 

ビーコン内蔵                   

自動ドアメディアセンサー

OAB-215V

自動ドア用                    

メディアセンサー

OB-01C

詳しくは OMNICITY 特設サイトをご覧ください。→https://www.omnicity.jp



・会社概要

■オプテックス株式会社について

オプテックスは、セキュリティセンサー、自動ドアセンサー、水質センサーなど特定用途向けの製品やアプリケーションを提供するセンサーメーカーです。また、センサーから得られるデータを活用したソリューション提案を展開。サービス産業をはじめとするさまざまな業界に対し、新しいビジネスモデルの構築を推進しています。

 

本社|滋賀県大津市雄琴 5-8-12

代表者|代表取締役社長 上村 透

URL|https://www.optex.co.jp/

 

■Tangerine株式会社について

当社は「場所」に付加価値を提供する会社です。その場所に訪れたユーザーの体験を豊かにするだけでなく、リアルな行動データを可視化する事でお客様のビジネスの成長に貢献いたします。

リアル店舗での来店施策及び来店・購買分析サービス「Store360」の提供を通し、小売店・飲食店の販促業務の改善をDXの力で解決支援します。

 

本社|東京都港区南麻布3-19-13 22SKY BLDG. 302

代表者|代表取締役社長 平井 清人

URL|https://www.tangerine.io

 

■本件に関するお問い合わせ

Tangerine株式会社(http://tangerine.io

住所   :東京都港区南麻布3-19-13 22SKY BLDG. 302 

お問合せ先:info@tangerine.io

担当   :成田・粟屋(あわや)

Store360でデータを活用した新しいユーザー体験を