店舗DXを実現するStore360 UX

既存のアプリに
多彩なOMO機能をプラス

ノーコード・ローコストで公式アプリにユーザーの属性や行動に基づいたリッチなOMO機能をプラス。また「スタッフビーコン」で店頭接客後のEC購入のスタッフ売上計測を実現。データドリブンな経営とロイヤルカスタマー創出を強力にサポートいたします。
アプリのエンゲージメント戦略
▼Store360 UXをもっと詳しく知りたい方へ ▼

消費者への提供価値を生む新たなアプリCRM戦略とは?

3rd party Cookie廃止などの影響に伴いオウンドアプリの活用を加速化させることが必須です。デジタル行動・店舗行動データの
インサイトを分析し施策を打ち、長期的に良好な関係を設計するアプリCRM戦略がユーザーのエンゲージメントに繋がります。

小売のOMOを活用したアプリCRM戦略

Store360 UXの多彩な4つのコミュニケーション

Store360 UXはアプリユーザーのエンゲージメントを向上させるリッチな機能をアプリにプラスすることができます。これにより
ロイヤルカスタマーの創出や売り上げ改善、施策のコンバージョン率の改善などを強力にサポートします。

アプリプッシュ通知の画像

1.プッシュ通知


来店時の通知や位置情報、ユーザーの属性や行動、ロケーション、天気などに応じて様々なプッシュ通知を配信することが可能です。それぞれの条件に対応するメッセージやクーポン配信を登録、自動でユーザー個々に合わせたone to one体験を提供できます。
In store menu

2.インストアメニュー


店内限定のメニューやクーポン、来店スタンプ機能などをアプリにプラス。ユーザーにとって便利で有益な機能を提供することで来店促進や店内でのアプリ利用率の向上を促進できます。データも蓄積でき、より密にコミュニケーションを行うことができます。

OMOサービスの画像

3.Store360 UX OMO


Store360 UX OMOはオフラインとECでのショッピングの垣根をなくします。お店で気になった商品を後からECで。ECで見た商品を実際に店舗で。EC、店舗問わずチェックされた商品を一括表示することで様々な購買スタイルをストレスなく選ぶことができます。

スタッフビーコンの画像

4.スタッフビーコン


お客様の来店データと接客データをBeaconを活用し計測。お客様の来店履歴や購入率、ECで見ている商品などを把握することが可能になります。また、店頭接客後にお客様がオンラインで購入した場合、接客したスタッフを把握することが可能になります。

▼Store360 UXをもっと詳しく知りたい方へ ▼

小売事業者が持つアプリ活用の課題

アプリCRM戦略に関する
ノウハウ、人材不足

ノウハウがなくても人材不足でもご安心ください。弊社はこれまで3万店舗以上のDX支援の実績があります。導入後も優秀なカスタマーサクセスが伴走いたします。

アプリの機能開発や運用には
膨大な費用がかかる

Store360 UXはアプリ開発不要でSDKとビーコンを導入いただくだけでアプリにリッチな機能をプラスすることが可能です。そのためローコストで提供可能です。

新規の機能開発には
長い期間が必要

Store360 UXは前述のとおりSDKとビーコンの導入で提供が可能です。開発にかかるスケジュールがない分、スピーディーに導入しスタートさせることができます。

Store360 UX ビーコンとは

ビーコンとはビーコン毎のIDなどを発信するIoTセンシングデバイスです。その発信する電波をユーザーのスマートフォンが受信することでアクションが発火します。

日本初のGoogle Certified Beacon Partnerに認定

独自セキュリティで不正利用をシャットアウト

最新の省電力設計で電池寿命は約2年以上、保守コストを軽減

対他社製品 

性能比5倍、価格比1/2 の実力 ※当社比

ビーコンの仕組み

Store360 UX SDKとビーコンのシステム概要

 

 

①ビーコンの受信

②ビーコン受信の通知

③実行アクションの判定/返送

④アクション実行

▼Store360 UXをもっと詳しく知りたい方へ ▼

導入実績

Store360でデータを活用した新しいユーザー体験を